本文へスキップ

ギャラリー



 宇都宮大学で生まれた知的財産は、原則として大学(機関)帰属になります。これにより知的財産の出願、権利化、活用等を総合的に進め、 いっそう役立てやすい環境を社会に提案します。

宇都宮大学の知的財産ポリシー [pdf]

宇都宮大学の知的財産ポリシー 宇都宮大学は、2004年4月から国立大学法人になり、本学における知的財産の効果的な創出、保護、管理及び活用についての方針を知的財産ポリシーとして定め、あわせて職務発明取扱い規程などの諸規程を定めました。このことにより、宇都宮大学で生まれた知的財産は、原則として、大学(機関)帰属となります。これにより、大学が組織として、知的財産の出願・権利化・活用等を総合的に進め、宇都宮大学の知的財産を社会貢献にいっそう役立てやすくなりました。以下に知的財産ポリシーの骨子を示します。
 
(1) 知的財産ポリシーの目的
 知的財産活動の活性化を図るために,その発明者としての権利を保障し,発明等の奨励と研究意欲の向上を図るとともに,学術研究成果の社会的活用を図り,もって学術研究の振興と地域・社会への貢献に資することを目的とします。
 
(2) 知的財産ポリシーの対象
1) 対象者
i. 宇都宮大学の教職員
ii. 宇都宮大学と発明等の取扱い等につき契約がなされている本学の学生等
 
2) 対象となる知的財産
i. 特許権の対象となる発明
ii. 実用新案権の対象となる考案
iii. 意匠権,回路配置利用権及び著作権(プログラム及びデータベースに限る)の対象となる創作
iv. 品種登録にかかわる権利の対象となる育成
v. ノウハウの対象となる案出
 
(3) 権利の帰属
・ 本ポリシーの対象者が創出した職務発明は、原則として大学(機関)帰属になります。
・ 民間企業等との共同研究により創出された職務発明等は、貢献度に応じた持分割合で帰属されます。
 
(4) 発明者への補償、評価
・ 大学に譲渡した知的財産により、大学が収益を得た場合には、発明者には、規程で定めた補償を行います。
・ 知的財産の権利化及びその活動への貢献度を教員等の業績評価に反映させるように努力します。
 
(5) 発明者の責務
・ 発明者は,出願手続,権利化手続等に対する協力をしていただきます。
・ 発明等情報に携わる者はその秘密を守らなければなりません。

発明の届出から出願まで  [運用マニュアル]


(1)知的財産の専門家(弁理士等)が発明発掘の手助け(相談)をします。
(2)発明届(PDF版) (word版)の作成について、 産学連携・知的財産部門が支援します。
(3)特許を受ける権利を大学に譲渡していただきます。
(4)出願に要する経費は、原則、産学連携・知的財産部門が負担しますが、教員の研究費を充当することにより、 出願の可能性を高める弾力的な運用が可能です [pdf]。
※学外の弁理士が特許明細書を作成します(発明者自身が作成することもできます)。
※知的財産センターは現在の産学連携・知的財産部門です。

本学教員が発明者である登録特許

  特許公報に掲載された発明及び発明者(教員)

本学教員が発明者である特許出願

  公開公報に掲載された発明及び発明者(教員)

発明届等の推移



知的財産権の活用




研究成果有体物 譲渡申込書、届出書はこちら


産学連携・知的財産部門
知財担当 [キャンパスMAP]

〒321-8585
栃木県宇都宮市陽東7-1-2
E-mail:chizai@miya.jm.utsunomiya-u.ac.jp
※@は半角に変更してください。
TEL:028-689-6324
FAX:028-689-6320

陽東キャンパスまでのアクセス